■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

レーシックの手術を受けている人で、大抵裸眼での視力が1.0よりも低い人であり約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。

 

レーシックというのは、最近の技術向上によってどんどんと安全性が保証されてきています。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。
レーシックの手術で、視力がどの程度まで回復をするのか、ということはレーシックの手術を受ける方たちにとっては大変重要なことだと思います。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。

ゴミ箱、今すぐ
http://www.gomibako-ism.com/
ゴミ箱チェック



■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:22-9-2017

減量でリバウンドしないためには、
リバウンドの原因を理解しておきましょう。

減量のリバウンドとは、
せっかく減った体重が戻ってしまったり、
さらに減量前よりも体重が増えてしまう状態です。

せっかく痩せてきれいになろう…と始めた
減量なのに、逆効果になってしまっては大変!!

そんな減量の敵である
リバウンドを引き起こさない為に
きちんとした減量計画を立てていきましょう。

減量で
リバウンドが発生する大きな原因の一つとして
基礎代謝力の低下があります。

基礎代謝というのは、
私たちが生きていくために最低限必要なエネルギーです。
常に使われているエネルギーなので、
寝ているときでも消費されているのが基礎代謝です。

人間のからだには、
環境の変化に適応する能力が備わっています。

なので、
食事制限によって摂取カロリーを減らしたり、
体重が急激に減少することによって、
そういった環境にからだを対応させるために
エネルギー消費量を減らしたり、
筋肉量や骨量を変化させたり…と
からだのほうが変化していきます。

このような状態になると
停滞期といって、減量を続けても
体重が減らない状態になってしまいます。

そうなると
つい減量を断念してしまうという人も
少なくありません。

エネルギー消費量が以前より減少している状態のときに
減量をやめて、
以前と同じ摂取カロリーに戻してしまうと
当然のことながらからだに脂肪が蓄積されてしまいます。

ですから、
減量でリバウンドしないためにも、
停滞期を乗り切ることが大切なんです!